治療法による影響

抜歯による影響

下の記事は、イギリスの矯正医Dr.MEW(ミュウ)の文献を引用しました。(この文章は鈴木設矢先生の書籍からの引用です)

左は10才半の顔で、右が12才の時の顔です。彼女は10才半の時、矯正治療のため抜歯しました。顔を比較すると、12才になった横顛は、下のアゴが明らかに後退しています。顔が平坦になり、貧弱になりました。正面から顔を見ると、下唇が突出し、口元が貧相になり目尻も下がっています。

貧弱な顔に発育したのは、抜歯による影響です。すべてこのような経過をたどるとは限りませんが、アゴが未発育になる可能性があります。大切なことは『矯正治療』が顔に悪影響を与えたのではなく、『抜歯』が、その後の顔の発育に悪影響を与えたことです。特に、抜歯は後戻りができません。『抜歯による治療法』は慎重に選択すべき治療法だといえます。

外科を基本とする治療の例

抜歯をした子供の歯。子供にとって左の写真のような状態にするのは残酷ともいえます。

補綴を基本とする治療の例

補綴の矯正治療では、歯を削って、アゴと歯のバランスを作ります。治療は早く終了し外観が良くなりますが、健康な歯を削るのは歯科医師にも抵抗があります。